⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

8x10”フィルムホルダー併用自作ピンホールカメラ(覚書)

8x10インチ用のピンホールカメラを作った。

f:id:pyopyopyon:20171211094158j:plain

ピン太郎(4x5”)の弟分だけど随分大きいのでピン二郎だとかなり違和感。

ピン助にしようか。

 

 

大洋に浮かぶ無人島感のあるこのブログ、

「4x5”ピンホールカメラ制作」の訪問者が多いよう。

基本的な作り方はどちらもほぼ同じなので、

作り方一覧と、今回の変更点を参考に。

 

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com

 

今回のポイント

① 体積は8倍、面積は4倍、支えるフィルムホルダーの重量は3倍、露光時間も倍となるので、強度と安定性をどう得るかを考えた。

軽量なフォームコアボードは安定性においては全くの不向きである。だが軽量化は自作の大きな理由の一つなので、まず横方向使いを基本とした。

 

・三脚の取り付け位置の変更=中央ではなく全体の重心近くに

f:id:pyopyopyon:20171210235510j:plain

ワッシャーを嵌め込んでいるのが三脚位置。フィルムホルダーは頭でっかちなので、縦に使う時のバランスも考えて、頭の方に。

 

そして、うんとフィルムホルダー寄り、その上にフィルムホルダー面に接する補強材が渡るように。

f:id:pyopyopyon:20171211070836j:plain

 

 

・補強材を増やす

上面、側面、底辺の4面のそれぞれ4辺に補強材を組み込んだ。またフィルムホルダー面の裏側も2重にした。(↓写真)

f:id:pyopyopyon:20171211092325j:plain

 

 

 

 

④ フィルムホルダー留め具を磁石式に

前回は特に横からホルダーを出し入れしにくかったので、背面からカパっと差し入れできる方法を考えた。

実用性がある方法で思いついたのは、①フォームコアで板状の蓋を作る、②ゴムバンド+ベルクロ、③ゴムバンド+強力磁石。

強力磁石で実験した結果、上記のワッシャーと組み合わせて使うことに。

 

磁石を埋め込むのはピンホール面の内側。

まず、ゴムバンドの伸び方と抵抗を確かめて磁石の位置を決める。上下それぞれから2.5インチ、内側に⒈5インチの位置とした。

磁石サイズの穴を彫る。

f:id:pyopyopyon:20171211072044j:plain

上記ワッシャー同様、磁石をはめ込んだら接着剤で固定する。

f:id:pyopyopyon:20171211072328j:plain

その上からテープで留める。

f:id:pyopyopyon:20171211072450j:plain

磁石位置に当たる表面にワッシャーを当て、裏面の磁石と一番強く引き合うところに印する。ゴムバンドをちょうど良い引っ張り気味にした状態で、底面まで引っ張り、全長を決める。

 

ワッシャーをゴムバンドの片端に縫い付ける。

底面への固定方法は、取り外しできるよう直接糊付けはやめて、1インチ平方あたり450gを支える工具系の強力なベルクロにした。

 

こんな感じに付く。

f:id:pyopyopyon:20171211091709j:plain

 

1回作って要領を得たと思ったが、苦戦したところはやはり正確さ。

辺が長いので、僅かな誤差も大きく広がる。

細心の注意で採寸し、切ったつもりだったが、長さに加えてボード厚(5mm)があると、ボード上面から下面に対してナイフが直角を保っていなかったりで1〜2mm近くずれた面もあって、接着の際に苦労した。部品の底面はもう一度採寸からやり直した。

これは工夫よりも、慣れかもしれない。

 

2〜3日でひと息に仕上げるつもりだったが、日にちを要して出来上がった時には緊張が緩んでフラフラだった。

 でも感慨もひとしお。