読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

04 24 2017. Eyes of Skin

f:id:pyopyopyon:20170427051918j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170427051930j:image

 

 

寒い雨の日が続いている。

 

雨間の晴れに街を抜け出して

ゆっくりと北へ向かった。

早春から冬に時間を戻すかのような森の中の街道を抜けて、

この8年ほど 毎年訪れている美術館へ。ちょうど1年ぶりだった。

 

もともとは、19世紀のとてつもなく大きな煉瓦造りの紡績工場である。

大きな空間、靴底に磨き抜かれて まろやかな光をかえすようになった床、すっかり錆びたラクダ色のパイプ。ぶ厚いブロックガラス。

展示は最先端である。

建物は今も静かに改修が進んでいる。

この感じは

身体に苔が生え、良い感じに老いぼれた巨大な恐竜が

毎旬毎旬オートクチュールを着こなしている、という絵を思い描くとしっくりくるのである。

(いやこないか)