読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

自作ピンホールカメラ (4x5"フィルムホルダー併用式)制作メモ ① 材料切り出し

ピンホールカメラを作った。 354x5andwords.hatenablog.com フィルムホルダーをゴムバンドで留めて差し替えられるもの。 8x10”を作る前に、まずはこれを使ってみて色々なことを知ろうと思う。 以下を参考にさせてもらった。 1 概要:大まかな設計図と寸法の…

3. 16 2017 Snow ripple. +プロローグ

ご無沙汰です、と見てくれている人もいるかな、と声をかけてみる。 アップしたい写真もあったが、この一月半ほど新しい取り組みに没入していて、載せたり書いたりするためにここに立ち止まることができなかった。 その一つはプリントコントロールの模索。露…

Early Spring

Newport RI, 2016 Albumen Print on Gampi Paper

Flood Tide

Marblehead, MA, 2016 Albumen Print on Gampi Paper

Stock #2

Albumen Print on Gampi Paper

02 05 2017. Traces of time (3)

02 05 2017 Traces of time ②

02 05 2017. Traces of time

02 03 2017. Water

01 24 2017 日本での、その他

滞在最後までざっと流す。 東京に戻りまとまった時間ができたある日、相方に声をかけて国立科学博物館で開催中のラスコー展に行った。フランスからの巡回展で原寸大のレプリカが呼び物だが、むしろ周辺展示がとても良かった。 アリモノ材料を買っての現代と…

01 17 2017 バロックな吉田宗箇の庭との遭遇(旧徳島城表御殿 千秋閣)

今まで城や庭に興味を持ったことは無かった。 今回ひょんなことで人に誘われて徳島城跡の博物館に行き、何も期待せずに庭に出て石組みの醸す異様な雰囲気に虚を突かれた。 作庭のことは何も知らないし石組みの意味も分からないが、それはひたすら動的でバロ…

01 16 2017 10年ぶりの、猪熊弦一郎現代美術館 @ 丸亀

香川県の丸亀駅前にある猪熊弦一郎現代美術館は、大好きな美術館の一つだ。 谷口吉生氏が設計した、たっぷりの空間と光を湛えた建物も、猪熊弦一郎氏の作品たちも好きだし、企画展も良い。 私がここを最後に訪ねたのは、中川幸夫の写真、ガラス、書を展示し…

01 14 2017 朝市@徳島

昨日倒れて、いちにち貪るように眠った。 時差ボケではなく体調不良のようだ。今日も徐行運転である。 徳島にいた時に少々観光っぽいことをした。徒然に載せておく。 二軒屋町、問屋街での日曜朝市にて かなりの規模で、食べ物のみならず、骨董、大工道具、…

2017 01 01 first light

明けましておめでとうございます。

2016.12.26 Field

12 26 2016. Pas de deux

12 25 2016 A cardinal

11 19 2016 Catch

11 19 2016. Fragments

11 05 2016

11 05 2016 Camera Obscura

映画が奇遇に化粧、仮面、顔。

とある映画が目的で映画館のウェブサイトを訪ねたところ、好きな監督の終わりかけの上映特集を見つけて変更、遠征して観に行った。久々に2本続けて観て今首がおかしい。 最初の作品はフランスの山あいの尼僧院を扱ったものだった。 当然、登場人物は皆尼装姿…

11 19 2016 A tree

11 19 2016 My flight

親しい湖を輝かせる陽光にしばし見惚れたら 今度はこの光にひょいと飛び乗って 彼の地の空気と青を感じて 戻ってくる ただいま 湖 ありがとう 太陽

11 08 2016 Tamaya - Albuquerque: さらばまた会う日まで: ニューメキシコ⑧

⑦の続き: リゾートホテルにあまり良いイメージを持っていない。 ちょっとキツい書き方になるが要約すると、 そのエリアの良い土地を広大に囲い込み地元民のアクセスから隔離し、 客がホテル内でとどまってお金を落とすようにと策略を凝らし、 過剰な設備と…

11 07 2016 Tamaya :プエブロと大手ホテルの共同リゾート:ニューメキシコ⑦

⑥の続き: 宿の敷地に入ってから、細く未舗装のくねくね道をしばらく走る。 サンディアピークを一望できる景色が素晴らしい。 しかし、なかなかホテルに到着しない。 後で知ったが、先住民のアドバイスのもとに聖地等を避けて道を引いたという。 宿はアルバ…

11 07 2016 T or C - San Antoino - Tamaya グリーンチリバーガーを食べ損ねて保養宿に:ニューメキシコ⑥

⑤の続き: 夜が明けた。快晴だ。 朝食後の朝湯を予約した。 朝食は、個人的にはセルフ方式が好きだ。 この保養宿はレストランの評判が良い。タツ ミヤザキというニューメキシコを地盤に活動している日本人が管理していることに興味があったが、朝食はとにか…

11 06 2016 Truth or Consequences :温泉の街 ニューメキシコ⑤

④から続き Truth or Consequences の宿にチェックイン後、一人で町を歩く。 リラックスした雰囲気の町だ。アーティストが住み着いている感じを受ける。 しかし本当に人影がない。 日曜の午後遅くということもあって殆ど全ての店は閉まっており、町ごと貸切状…

11 06 2016 Silver City - Hatch 世界のチリペッパーの中心地: ニューメキシコ④

Silver Cityで夜が明けた 。 昨日は走り屋歓喜の152号線だったが、今回は遠回りだが普通の街道でTruth or Consequencesに引き返す。 途中で道を外れてCity of Rock州立公園に寄り道。 麓にキャンピングカーがたくさん停まっている。 モアイカタツムリの風情…

11 05 2016 San Lorenzo - Silver City:荒野の中の創造楽園 ニューメキシコ③

青いSUVから降りてきたのは半分白髪、半分無毛の男性だった。 ピンホールカメラの大御所アーティストである。奥さんも同業で、お二人で長年制作、教育、普及活動を行っている。 ピンホールカメラは、針穴を使うレンズレスカメラである。いちおう簡単に説明す…

11-05 2016: T or C - Hillsborogh - San Lorenzo - ニューメキシコ②

(その①の続き) 354x5andwords.hatenablog.com 翌日は幸いにして晴れた。 今回、ひょんなことから知人の紹介で人を訪ねることになり、それを中心とした旅程を組んでいた。 Googleマップで見た時、GPSが使えないことは予想できた。しかし予想以上の僻地であ…

11-04 2016 Albuquerque - Trues or Consequences ニューメキシコ①

5回目となるニューメキシコ。前回から2年が経った。 1日1本の直航便を利用すると飛行時間が4時間半で着く。いつもまずレンタカーを借りて空港周辺のホテルで身体を横たえる。オリジナル時刻では夜中1時半くらい。私は大概眠れない。 朝を迎え、車で走り出す…

日本での買い物

私は女だが買い物嫌いだ。 まず、身軽が好きなもので、物を買う=自ら所有を選ぶことに、ずしりと重い気分になる。 一種の責任逃れとも言える。 気に入ったもの、まあそこまで言えなくても過不足なく適する物がすぐに見つかれば良いがそうはいかない、という…

10. 16ー18 2016 Tokyo 東京

16日は広島空港で1本早めの便に変えられたので、前日に広島で訪問した人に教えてもらった場所を訪ねることができた。夕刻、代田橋に向かい、10年来会う機会を楽しみにしていた方と、会うことができた。美味しい沖縄料理店だった。 徳島の友人と繋がっていて…

10 16 Onomich-Hiroshima 尾道②ー広島

朝。 散歩していて見つけた一番新しいベンチ。 ここで先ほど買った蜜柑を食べた。 海辺沿いは歩きやすいように、よく整備されている。 最近オープンしたばかりという小さな八百屋風の食材店でみかんを買うと、島レモンをひとつおまけに入れてくれた。普通の…

10 15 2016 Onomichi, 尾道①

目的地は広島だが、この時野球(クライマックス戦)で市内のホテルが全く取れなかった。 Air B'nBで広島駅近くのゲストハウスに1泊を取り、どうせなら、ともう1泊を尾道に取った。 徳島からバスで岡山に出て、そこから在来線を乗り継いで4時間半ほどで到着。…

10. 11ー14, 2016 Tokushima

秋の徳島は久しぶりだが日中は所用で郊外ばかりを旅していた。 駅付近でグレーの住宅や低層の商業建築が連なって、それらがまばらになると入れ替わるように田圃の明るい緑が広がり始める。この時ところどころで刈り入れが進み、見晴らしは良く、向こうに山が…

Early Spring #2

Albumen Print on Gampi Paper

Dance

Albumen Print on Gampi Paper

09 11 2016 Hope so

取り込み中が続いていて、もともと容量が狭量なこともあって、 脳梁の交通が極めてスローになっている感覚が続いている。 こういう時は成り行きに任せようと思う。

09 11 2016

08 07 2016

08 04 2016 Midafternoon

08 07-08 Beaver dam

08 08-09, 2016, B&B (bird and breakfast)

Morning #1 Morning #2

07 28 201 Ombré

-8 02 2016 Siesta

07 25 2016 Follow me

07 08 2016 Breakfasts

07 08 2016 ICE SMART