⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ⑧: Alamogordo - Tularosa - Ruidoso 荒野の岩絵ハント

ニューメキシコ、もう少し続きます。 5日目、Alamogordoの宿を発ち、まず相方が行きたかったピスタチオパークへ立ち寄る。ニューメキシコの名物の一つでもあるが相方はピスタチオが結構好きらしい。 ニューメキシコ州の州木はpiñon pineという松の実が取れる…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ ⑦:White Sands National Monument 夕日の照らす東の空

西日を受けて砂も木々も黄金色に輝き始める。 それを眺めながら冷たい砂の上にそっと腰を下ろす。 座れば掬う。 掌いっぱいに載せて指間を開く。滑り落ちる白砂はヒヤリと冷く、その冷たさが湿り気を感じさせるようなしっとりとした肌触り。 一線上にならん…

2年ぶりの2ヶ月のニューメキシコ⑥:White Sands National Monument ー広漠な白砂丘の午後

ニューメキシコで過ごす4日目の、後半。 前半↓ この後、時間が押していたので昼食はとらずにWhite Sands National Monument (ホワイトサンズ国定記念物)に直行した。 白砂の大砂丘地帯で、資料によるとその広さは710㎢ということだ。東京都全体の1/3ほど…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ⑤:Deming - 予定が狂って南西部の生活展示にはまる。

ニューメキシコに来て4回目の朝を迎えた。 この日は広大な白砂漠、White Sands National Monument(ホワイトサンズ国定記念物)に行くことにしていた。 4年前にテキサス州マーファへの旅途中に訪れてすっかり魅了され、今回は1日過ごしても良いと思っていた…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ④:San Lorenzo - Deming 創造楽園から荒野の温泉を経てシャバに戻る。

旅の話に戻る。 前の晩はすっかり遅くなったが、普段は朝7:30頃が朝食と聞いていたので一応その頃降りてみる。すでにキッチンではエリックがお湯を沸かして朝の仕度を始めていた。 少し遅れてナンシーが降りてきて、話をしながら手早く準備を進める。 耐熱…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ番外篇: 創造楽園の内部❸

2階に通じる階段を上がり切ると、一つ目の扉が現れる。黒く塗られた古くて軽い木の扉。カタンとビンテージのドア金具を開けると少しカーブを描いた廊下の壁には彼らのアッサンブラージュやら絵や写真作品やヴィンテージのオブジェが展示されていて、右側に一…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ 番外篇:創造楽園の内部❷

前回はダイニングと温室を紹介した。 前記事に載せた、この眺めの奥がリビング。 椅子の背後に見える像たちはこれら。 中国の木彫りが主のようだけど、色々混在。買ったり友人からもらったり、少しづつ集まってきたと。 右のアンティークのキャビネットは前…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ 番外篇:創造楽園の内部❶

翌朝。 家はエリックさんが40年前、水道管も電気も通っていない荒野に建て始め、建築を勉強しつつ時間をかけてほぼ一人で建てあげたもの。分厚いアドービと古材新材を組み合わせた壁、テラコッタと板張りの床、金属タイルと細木と塗りの天井、資材も家の造り…

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ③ San Lorenzoー荒野の中の創造楽園、再び

旅の続き。 San Lorenzo に訪ねたのは、荒野の真っ只中にポツンと佇む創造楽園。 ここにあれこれ書くとまた長くなるので、環境や人物については前回訪ねた概要記事↓を貼らせてもらいます。 354x5andwords.hatenablog.com 今回は彼らの家に泊めていただく。 …

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ ② T or Cを後に、荒野の中のピンホール屋敷に向かう

旅の続き。 2泊目はTruth or Consequence に宿を取った。 天然温泉が売りのかつては先住民達、その後は開拓者や兵士が傷を癒した言わば温泉保養地だが、日本のように温泉需要自体がないのであまり知られていない。あとアーティストも多い。 前回(2016年11月…

6度目、1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ① 100年経って再発展し始めた極小の町、Carrizozo

先週末まで、1週間ほどニューメキシコを旅してきた。 フルチャージして戻ってきた感じだ。 充実感は今までで一番かも知れない。 写真の整理がついていないけれど、キリがないのでぼちぼち記事をあげたい。 初日。夜の便で4時間40分飛んで、レンタカーを駆っ…

01. 10. 2018. Four hours later

アップした動画は場所はずれているけれど、ある川で同じ方向を向いて撮影。 明日から旅へ。 時間が無いはずなのに旅に出る直前に何かアップしたくなるのがいつも不思議。 youtu.be youtu.be

01 12 2018 Misty windy rainy day

01 08 2018. A frozen lake

この冬は急に寒さが深まった。 これは、このブログに時々登場するお気に入りの湖。 昨日久しぶりに見に行ったらすっかり凍っていた。 氷の上の雪にはいろんな生き物の足跡が。 どれもくねくねと目的はなさそうだ。遊んでみたかったに違いない。 きれいな姿の…

11. 29. 2017. A new day

日本の皆さんには明けましておめでとうございます。 こちらは2017年があと数時間で終わります。 年の数字が変わるだけのことに、毎年興奮するのはなぜかしら。 2018年もよろしくお願いします。

12 10 2017. White skins

8x10”フィルムホルダー併用自作ピンホールカメラ(覚書)

8x10インチ用のピンホールカメラを作った。 ピン太郎(4x5”)の弟分だけど随分大きいのでピン二郎だとかなり違和感。 ピン助にしようか。 大洋に浮かぶ無人島感のあるこのブログ、 「4x5”ピンホールカメラ制作」の訪問者が多いよう。 基本的な作り方はどちら…

子キャベツ(夢)

トンネルを目指して田舎の一本道を歩いている。 トンネル近くには大きなキャベツ畑が広がり、その前に直売店らしき平屋の建物が立っていて、入り口のそばに割烹着を着たおばさんが大きなお盆を持って立っている。 「どう?見ていかへん?」 お盆の上には、た…

12 04 2017. ✴︎ Quis deus incertum est; habitat deus

タイトル意訳:「神が何かは分からないけれど、神はここに住んでいる」 文章を引用した元の資料とその景色は違うけれど、なんだか重なる思いがした。 (個人的覚書き) Versil’s Aeneid 8.351-2 ‘hoc nemus hunc’ inquit, ‘frondoso vertice collem, (quis d…

10 05 2017. A warm sweet odor of ripeness

05

10 05 2017. Bearable heaviness

10 05 2017. Apples in the blue sky

11 02 2017. Gathering

11 02 2017. Shadow picture

夜の客人(夢)

たいした内容でもないけれど夢の記録。 人々がすっかり寝静まった暗い夜。小学生の頃一時的に住んだことのある小さな簡易住宅が見える。私は今ここで一人暮らしている。 家の近くまで来た時、背が高くがっしりとした男性のシルエットが私の家のテラスの窓を…

09 28 2017. Direction #2

09 28 2017. Direction #1

10 28 2017. ②

久しぶりに散歩に訪れた小さな森。 星の浮かぶ宇宙池。 くるくると落ちてきて、そこらの藪や草に引っかかる葉っぱたちがなんだか可愛い。 ひと風ごとに表情を変える、 星の小径。 一年の落ちる前のひと時の、太陽の落ちる前のひと時。 幸せな小一時間であっ…

10 28 2017.

赤い男の謎解き

昔から、何度も推敲した原稿や手紙やメールを手放した瞬間にふと間違いに気づいたり、思いもよらない解を得ることがある。「ならば出す前に慎重になれば」と思うのだが、手放してから、なのである。 ブログアップにもやや似たところがある。 前記事をアップ…