⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

✴︎覚え書き

第一回裏打ち結果

家で初めての裏打ちをした。 道具は代用品ばかり、記憶もおぼろげで何かと覚束ないながらに、なんとかなった。 結果。 紙が反るので重しを置いたが、問題ない程度。 右二枚の裏打ち紙:こちらで以前買ったUDABANという楮紙。おそらく障子紙。 左二枚の裏打ち…

第一回・裏打ち覚書き

雁皮紙はよく暴れる紙である。 これからの必要を感じて、昨年9月の帰国時に、東京の表装屋で単発の裏打ちワークショップを取った。 他の参加者は明らかに継続者で高度な作業をしており、講師一人が座敷を走り回って面倒を見ている。 iPhoneに動画の容量が無…

ワークショップを終えて

昨夜家に戻った。 ワークショップの流れは、1日目がイントロ、作品を鑑賞してもらう、日本の伝統的ものの見方をフォーカスしつつの制作背景の話、素材としての和紙の話、和紙のDVD鑑賞、和紙を使ってのプリント制作準備。 今回私の用意した話は写真学科の内…

10 22 2017. Momi-

今年の秋はとても温かで紅葉の進み方がたいへん遅い。 週末に公園に行くと、すっかり葉を落として裸になった木も多いけれど、 そうでない木々はこれからまだまだ色づきが進みそうな様子。 その翌日に、紅絹と書いて「もみ」と読むことを、お気に入りのブログ…

9. 17 - 21. 2017. 徳島:( いにしえの紙・忌部覚書など)

残りの日本滞在記録をざっと。 越前から戻った翌日、最終便で羽田から徳島に発った。 その翌日は台風で全便欠航だった。 朝、起きるとまだ風雨はない。 日曜朝市に行ってみると、ちょうど風が強まってきて出店者達が店仕舞いをしているところだった。 そして…

越前へ紙探し③ 最終日:再会の日

越前滞在、最終日。 この日も晴れだった。 1日目: 2日目: デザイナーAさんと11:30に会うことになった。 その前に、時間がある。 9時にホテルをチェックアウトし、フロントに荷物を預けてタクシーで「越前和紙の里」の「紙の文化博物館」に向かう。 ここに…

越前へ紙探し② 「最高の漉き手」との邂逅

↓この翌日。 354x5andwords.hatenablog.com 朝7:40。紙問屋のYさんが迎えに来て下さり、オフィスに向かう。 昨日に続き、ここにも取材が入った。 100年以上前の大きな日本家屋で、オフィスと呼ぶには違和感がある。通された座敷からは日本庭園が見渡せ、壁…

09 12- 09 15 2017, 越前で紙探し

日本から戻って数日が経つ。とりあえず旅の報告を。 目的だった印画紙を作るための刷毛の購入、越前と徳島での和紙の購入、裏打ちを学ぶ、は無事に果たすことができた。 越前は初訪問だった。 越前出身の大阪の友人に紙問屋のY氏を紹介してもらい、会うこと…

7 19 2017. レナぺ族のロングハウス

前記事の続き 354x5andwords.hatenablog.com Bushkill Falls の駐車場周りには様々なアトラクションがあって、インディアンミュージアムと銘打った部屋に入るとレナぺ族のロングハウスのモデルハウスが展示されていた。 レナぺ族はコネチカット州からニュー…

7 12 1817. Thoreau's 200th Birthday

(7.13 マイナー修正) (2015.5.12 Walden Pondにて) 今日はヘンリー デイビッド ソローの生誕200年目である。 「ソローと彼のジャーナル」展を観に行ってから、当時の人々に捉えられたソロー像にふと興味を持ち、折に触れゴソゴソと検索をかけては切れ切…

ソロー展を観に行って徒然に。

森歩き、足跡読みの達人ソロー(ヘンリー デイヴィッド ソロー)。 例えばこんなことを言っている。 As a single footstep will not make a path on the earth, so a single thought will not make a pathway in the mind. To make a deep physical path, we…

手作り製本体験

すこし前だが、一回きりの製本ワークショップを取った。 3時間で材料費だけという嘘のようなのを見つけて、迷わず参加したら大変楽しかった。 製本の歴史の簡単なレクチャーのあと、小さな、違う綴じ方の簡易なものを3つ作った。 必要な材料は全部適切な大き…

04 19 2016 Concord Museum #2 Henry David Thoreau

引き続き、自分の好みと関心ごとだけ掬ったメモです。 前回から歴史的な出来事すっ飛ばして、19世紀半ばのソローさんに移ります。 前回: 354x5andwords.hatenablog.com その間に起こったことについては、ミュージアム下記ページへどうぞ: http://www.conco…

04 19 2016 Concord Museum #1. Algonkians

先日 コンコードに行った時、初めてコンコードミュージアムに入った。 思っていたよりずっと面白い展示だった。エリアの歴史が概ね分かる。 レポートを、と思っていたが、時間が取れないまま過ぎそうなので、写真を捨てる前の整理にとどめる。(おまけに訳し…

思考の整理ー投影しつつ探るものとそれが行き着くところ

先日から、初の展覧会の覚書きとしていくつか思いつくままの記事とした。 蛇足と思われることもあったが、書き記したことで考えるきっかけとなった。ひとつを書き留めておく。 前回の記事を書き、コメントをもらったお陰で気付いたことがあり、それが前々回…

2015 11月の展示を振り返って③ テーマ編

展覧会の忘備録。以下の続きです。 354x5andwords.hatenablog.com 354x5andwords.hatenablog.com 今度はテーマやタイトルについて。 自然を被写体にして作品を作っているが、細かなテーマを決めているわけではない。出会いが全てである。初めての展示である…

2015年11月の展覧会を振り返って②:展示編

前回は開始までの準備の流れを書き留めた。 354x5andwords.hatenablog.com さて、展示が始まった。 会場は通りがかりにふらりと入れるようなロケーションではなく、案内状が基本となる。 人の出入りには不思議な偏りがある。集中する日、時間帯、そして人々…

2015年11月の展覧会を振り返って:準備編

11月の展覧会の様子を早々に書こうと思いながら、書かぬ間に日が経ってしまった。 物覚えが悪いので忘れてしまう前に区切りとして、覚え書き的に書き留めておきたい。 まずは準備編。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 9月…