読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

02 05 2017. Traces of time (3)

02 05 2017 Traces of time ②

02 05 2017. Traces of time

02 03 2017. Water

2016.12.26 Field

12 26 2016. Pas de deux

12 25 2016 A cardinal

01 01 2016 Soothe the sands

2 22 2016 Crowd

2 22 2016 In A Mask

02 26 2016 Ducks

2 22 2016 Face to face

01 24 2016 Standing

2 22 2016 Time

2. 21.2016. Room23

建物は赤部屋は緑風呂は白

12 20 2015 Golden Field 〜〜 (ブログタイトル変更しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 久しぶりに、郊外に走った。(私は乗せてもらっていただけ) 森を無理やりに切り分けて通した道路。両側には高く伸びた一糸纏わぬ木々がなだらかな斜面に幾層にも重なり、こちらを見下ろしているようだ。 美…

01 25 2016. Tangle

自分の思考に自分の思考が絡みつく。なんとはなくコーヒーテーブルに置かれっぱなしの一冊を取った。司馬遼太郎の街道をゆくシリーズ38、「オホーツク街道」。ずいぶんと前に一度読んだはずだ。だがページを繰ると冒頭に引き込まれ、止まらなくなった。北海…

01 01 2016. White

01 01. 2016. The sky and the sea

01 17 2016. Life

12 03. 2012. Sleepy Hollow

この時は夢叶ってソローさんのお墓詣りに行ったのだけど、先ほど久しぶりにオルコットさんの若草物語を読むことができて心を打たれた。子供の頃好きだった話を、ポツポツ読み返してみたい。

2016年の初夢はリクガメと虎。

今年の初夢。 修学旅行か何かのバスの中で、私は小さな男の子のお守役となった。可愛い坊やで一緒に楽しく遊んでいたが、そのうち座っているのに飽きてきた様子。(今思い返すと進行方向右側のシートで私が窓際だった。)折良く、「みなさんが退屈しないよう…

01 01 2016. Treasure Boat

海のそばに来ています。曇っていて初日の出は見えませんでしたが、反対の空には綺麗な半月。そして移りゆく空の色。雲の向こうには、確かに日が居る。その日、入り江に小さな舟が入ってきました。私には、宝船。こちらに遊びに来てくださる稀有な人たちにも…

12 05 2015 Urban Life

12 06 2015. Lights

12 05 2015 There WERE

12 05 2015 Open the door

12 03 2015 Wig

みの

ある日 日陰の池の端の 細木に 小さきミノふたつ 貼りつくを見る 気配なく 閉ざしてゐる 生きておるか おぬし 生きておるか 越冬 開け 地球の回転扉よ ミノがお棺とならぬように 354x5andwords.hatenablog.com

Winter Bagworms

Albumen Print on Gampi Paper

09 12 04 Ocean House

09 12 04 Actress

08 12 19

09 12 31

09 01 31 : ひらく、閉じる

はじめまして:09 01 31

はじめまして。 写真による外の世界と、ことばによる内の世界を綴っていくことで、 何かが浮かび上がるかも、という淡い期待を抱きつつ、 このブログを始めます。 何を感じ、何を見ていたのか。 時を経て、それらはどのように、あらわれるのか。 境界に見え…