⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

夏 Summer

そこに在る (+お知らせ)

蔦 這わせ 草を 生えさせ 蜘蛛に 巣を編ませ 苔 むさせて 老木 どしりと そこに在る お知らせ: 良きご縁に恵まれ、11月東京にてアルビューメンプリント(鶏卵紙)の展覧会を開催させていただくことになりました。このブログにも一部載せていますが、ぜひ実…

地を這う木

湖畔の木 根をしかと張り 空を目指さず 地を這い伸びて 湖に向かう (2016.02.16) 湖畔の木 根をしかと張り 空を目指さず 時をかけ 地を這い伸びて 一途に みずうみを求むか (2015.10.25) 354x5andwords.hatenablog.com

二まいの白羽根

湖畔のせせらぎ 若草の間に間に 空を映す その上に 流れ來たる 小さき白羽 二まい ふれず はなれず とどまるを知らず 各々の 青空を仰いで どこへ行く 354x5andwords.hatenablog.com (Version2.) 小川の流れ速きに 二まいの白羽根 いずこへ行く 若草に 見守…

草の子

ほっそりとした木が足を大きく開いてゐるそのくぼみに 温き日のそそぎ 草の子たちが居場所をみつけた この木の子の気で安心顔におさまってゐる 354x5andwords.hatenablog.com

真一文字

白鷺 一羽小川を発つ ゆつくりと羽ひろげ 草野を横切り 遂に木立ちの中に消ゆ ふと見れば 白く 長く 輝く一文字の 枝が ホチキスの芯のごとく 草野に刺さってゐた 354x5andwords.hatenablog.com

鹿去りし草野にて

夕刻 森の途切れた陽のあたる 草野の中で大きな鹿たちが 草を食んでゐる あてやかな3頭の鹿一心に食んでゐる いちばん大きなのが私に気づいて振り向いた じつとこちらを見つめている おののいて手を振れば、この鹿 4度悠々とその尾を振る 浮かれよろこび 別…

09 01 2015 Nobushi

09 01 15 Lines

09 01 15 Sky dyes rocks

Newport, RI

5:50pm

Albumen Print on Gampi Paper おまけ:Detail:

Wave

Albumen Print on Gampi Paper

A Staple

Albumen Print on Gampi Paper

Crown

Albumen Print on Ganpi Paper

Evening

Albumen Print on Ganpi Paper

15 07 07 Milky Sky

Waiting stool

A red bird

いつも使う貸し暗室を予約した。猛暑の朝。近くのスタバで時間を潰し、定時にブザーを鳴らした。反応無し。30分待った。その間、電話もテキストも返事無し。埒が開かないのでその日は無かったこととし、暗室の近くの古道具屋に立ち寄った。ジャンクな首飾り…

15 07 07 Northern Land

Touch

Albumen Print on Gampi Paper

15 05 29 Imomushi no kao

15 06 15 Shower

05 0614 Mantle

15 06 25 Face to Wind

15 06 18. Late Sprout 2

15 06 18. Late Sprouter

15 06 16 We had a lot of rain yesterday.

15 06 04 Touch

15 06 04 Growing Green

15 06 04 Swans

10 06 ? The Earth