⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

秋 Autumn

10 05 2017. A warm sweet odor of ripeness

05

10 05 2017. Bearable heaviness

10 05 2017. Apples in the blue sky

11 02 2017. Gathering

11 02 2017. Shadow picture

09 28 2017. Direction #2

09 28 2017. Direction #1

10 28 2017. ②

久しぶりに散歩に訪れた小さな森。 星の浮かぶ宇宙池。 くるくると落ちてきて、そこらの藪や草に引っかかる葉っぱたちがなんだか可愛い。 ひと風ごとに表情を変える、 星の小径。 一年の落ちる前のひと時の、太陽の落ちる前のひと時。 幸せな小一時間であっ…

10 28 2017.

10 22 2017. Pose

11 03 2017 Peace

10 22 2017. Shoreline

10 14 2017. Autumnal Tints

Shaftsbury, VT

10 22 2017. Momi-

今年の秋はとても温かで紅葉の進み方がたいへん遅い。 週末に公園に行くと、すっかり葉を落として裸になった木も多いけれど、 そうでない木々はこれからまだまだ色づきが進みそうな様子。 その翌日に、紅絹と書いて「もみ」と読むことを、お気に入りのブログ…

9.19 2017~徳島〜東京:(吉田宗箇の庭)

やっぱり吉田宗箇による庭園を見に行ったことも書いてから旅行記を終わらせてしまう。 (経緯↓) 354x5andwords.hatenablog.com 彼による庭がある、四国八十八ヶ所第15番札所、阿波国分寺に出かけた。 札所となる寺院はたいてい大きな車道標識での案内がある…

越前へ紙探し③ 最終日:再会の日

越前滞在、最終日。 この日も晴れだった。 1日目: 2日目: デザイナーAさんと11:30に会うことになった。 その前に、時間がある。 9時にホテルをチェックアウトし、フロントに荷物を預けてタクシーで「越前和紙の里」の「紙の文化博物館」に向かう。 ここに…

越前へ紙探し② 「最高の漉き手」との邂逅

↓この翌日。 354x5andwords.hatenablog.com 朝7:40。紙問屋のYさんが迎えに来て下さり、オフィスに向かう。 昨日に続き、ここにも取材が入った。 100年以上前の大きな日本家屋で、オフィスと呼ぶには違和感がある。通された座敷からは日本庭園が見渡せ、壁…

09 12- 09 15 2017, 越前で紙探し

日本から戻って数日が経つ。とりあえず旅の報告を。 目的だった印画紙を作るための刷毛の購入、越前と徳島での和紙の購入、裏打ちを学ぶ、は無事に果たすことができた。 越前は初訪問だった。 越前出身の大阪の友人に紙問屋のY氏を紹介してもらい、会うこと…

11 19 2016 Catch

11 19 2016. Fragments

11 05 2016

11 05 2016 Camera Obscura

11 19 2016 A tree

11 19 2016 My flight

親しい湖を輝かせる陽光にしばし見惚れたら 今度はこの光にひょいと飛び乗って 彼の地の空気と青を感じて 戻ってくる ただいま 湖 ありがとう 太陽

09. 14. 15. Moving

Light on a Shadow

Rhode Island, 2015, Albumen Print on Gampi Paper

11 27 2015 A Skilled Climber

11 29 2015 Air

11 27 2015 Pinks on the Street

11 18 2015 Dancing Trees