読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

A red bird

夏 Summer 通り(写真) Street shot

f:id:pyopyopyon:20150722103929j:plain

いつも使う貸し暗室を予約した。

猛暑の朝。近くのスタバで時間を潰し、定時にブザーを鳴らした。

反応無し。30分待った。

その間、電話もテキストも返事無し。

埒が開かないのでその日は無かったこととし、暗室の近くの古道具屋に立ち寄った。

ジャンクな首飾りをジャラジャラとかき分けると、弾けるようなレモンカラーが現れた。

赤い鳥と、赤い鳥に向かって放たれたままに止まった矢。

赤い鳥がおどけてみえる。

光陰矢の如し、だって?ふふ〜ん。俺には矢は刺さらないよん。」と嘲笑っているかのようだ。

時間は飛ばない。流れてもいない。ただそこにあるだけ。


数時間の後に連絡が入った。家主に立ち退きを言い渡され、法廷にいる、という。

暗室が一つづつ、消えていく。

私も暗室難民に逆戻りか。

いや、まだ消えてはいない。

頑張んだよ〜〜。