読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

5 5 2016 再会

f:id:pyopyopyon:20160518083217j:plain

 

考えを巡らしつつ歩いていると、突如鳥たちに行く手を阻まれた。

空を飛び交うカナダ雁と、カモメと鳩と家鴨たちの羽音と鳴き声が、けたたましく入り乱れる。
そしてみるみるうちにその数を増す。
 
誰かが餌を撒き始めたのだ。それは太ったお婆さんだった。
鳥はみな食い気に勇んで殺気立っている。
おおお。
恐ろしい。思わず後ずさる。
 
立ち往生してふと横を見ると、先ほど鴨二羽が座っていた場所に、鴨の雛がじっと座っている。
化けた筈はない、さっきまでいた鴨の子供たちだろう。
親はどこに行ったのか。
食い気に走って飛んでいったのだ。
その横に成鳥が1羽いるが、それは赤の他人のようである。
 
雛たちは、しばらくの間身じろぎもせずに沈黙していたが、やがてヒヨヒヨと鳴き始め、立ち上がって頼りなくさすらい始めた。
 
おいおい、この辺は猫がいっぱいだぞ。
とりあえず猫から守ってやろうとお節介心でついて行く。
殺気立った鳥の渦中に向かって進む。大きな私でさえも今にも突かれそうで恐ろしい。
雛たちも地面すれすれに飛び交う鳥たちに恐れをなしたのか、そのうち川っぷちで立ち止まり、声量を上げ周囲を見回しながら鳴き続ける。
 
と、そこに、カナグー(カナディアングースを私はそう呼ぶ)の大ファミリーがやって来た。向こうからのっしと歩いて来る。前後に両親、その間に雛鳥が一列になるよう隊列を組み、親鳥は長い首を反らしているが、時々ろくろ首のようにグネリと回して周りを威嚇しながら我が物顔で進むのが彼らの流儀だ。
 
一方の鴨は、どんなに子だくさんでも子育てをするのは母鳥だけである。それも食べ物があるとすぐに気を取られて我が子を忘れる上にチビ達は腕白で、逸れるのがいても気にも留めない。とうぜん雛鳥の生存率はとても低い。全滅のときもある。カナグーと比べてはいけないが、どうにも頭が悪すぎて頼りない、と映る。
 
そして、この時、踏んぞり返ったカナグーに奇妙な反感を覚えた。
よし、このチビ鴨達の親を見つけてやろう。
雛鳥が放置されてから5分、いや10分は経っているが、親鳥はまだ雛たちを忘れて餌に夢中のようである。
私は狂乱の中に踏み入り、すぐにさっきの2羽を見つけた。
人の顔は覚えないが、動物の顔の覚えは良いのである。
念じる。
こっちだ。こっち向け。子供たちが探しているぞ。
 
親鴨は突然我に返ったかのように餌争奪戦から外れ、オロオロし始めた。
また念じる。
こっちだ、こっちだ。
 
親鳥はグワグワ鳴きながら、こちらにやってくる。
私はそのまま彼らを誘導する。
いいぞ、いいぞ。そのまま進め。
 
しかし、だ。
切羽詰まった親は、川っぷちで鳴いている雛鳥に気づかずにそのまま通り過ぎてしまった。
チビ達は呆然と、しかしすぐに方向転換し、大慌てで岩を伝って川に飛び込んだ。
なんてことだ。
 
一方の親鳥はさっき座っていた場所に戻ると周りをさっと一瞥し、川に飛び降りた。
すぐに、雛の方が親を確認した。
必死に泳いで近づいていく。
そして無事に再会した。
親は平然とチビ達に目もくれずに何事も無かったかのように水を掻き、チビ達が付いていく。
 
私はなぜか涙した。 
誕生日に、いいものを見た。