⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

10 15 2016 Onomichi, 尾道①

目的地は広島だが、この時野球(クライマックス戦)で市内のホテルが全く取れなかった。

Air B'nBで広島駅近くのゲストハウスに1泊を取り、どうせなら、ともう1泊を尾道に取った。

 

徳島からバスで岡山に出て、そこから在来線を乗り継いで4時間半ほどで到着。

 

尾道には行きたい場所があった。

志賀直哉の旧居とされる棟割長屋である。

旧居と言っても彼がここにいたのは半年足らずである。

 

密かに志賀直哉の短編、中編作品が好きだ。ほぼ読んだと思う。

この棟割長屋で構想を練った代表作「暗夜行路」はそれほど好きではないけれど、

ここが重要な場所だったことは疑いがない。道を尋ねて石段をもくもくと登り、瀬戸内海を見下ろして、その空間に身を置けてちょっとじんわりきた。

f:id:pyopyopyon:20161027042713j:image

 お勝手、6畳、4畳半、縁側と続く。部屋から瀬戸内海を望んで、なんとも贅沢な棟割長屋である。

 

f:id:pyopyopyon:20161028033813j:plain

 おくどさん

 

千光寺を登りきると日が落ちた。

f:id:pyopyopyon:20161027043152j:image

 

行きも帰りも迷った。森の中では迷わないが、道が敷かれていると迷う。

不思議な方向音痴である。

 

坂を下りきったところで日々の疲れが出る。

ヘロヘロ状態で海辺に出て、ポツネンと立つプレハブの食堂発見。 

f:id:pyopyopyon:20161027043705j:image

 

ちょいと中を覗くと、ガラスケースに魚料理や煮物、寿司が並んでいる。

おおお。これは昔ながらの食堂だ(たぶん。)

 

昼を食べていなかった。

中に入って、ガラスケースから摘むとエプロン姿のおばちゃんがお魚を温め直してくれた。

f:id:pyopyopyon:20161028031055j:plain

お馴染みさんらしいおばちゃんが、だいぶんお年を召したおとっつぁんを連れて入って来た。

タイムスリップ感と地元感をダブルで見られて嬉しい。

 

店を出るとすっかり日が暮れていた。

 

f:id:pyopyopyon:20161027044203j:image

懐かしい瀬戸内の月。