読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

10 16 Onomich-Hiroshima 尾道②ー広島

朝。

f:id:pyopyopyon:20161028001007j:plain

散歩していて見つけた一番新しいベンチ。

ここで先ほど買った蜜柑を食べた。


海辺沿いは歩きやすいように、よく整備されている。

最近オープンしたばかりという小さな八百屋風の食材店でみかんを買うと、島レモンをひとつおまけに入れてくれた。普通のレモンよりずっと大きくて、ライムを少し薄めたような緑色をしている。

 

 

別のベンチではおじさんがアイス食べてた。

f:id:pyopyopyon:20161027044723j:plain

そう言えば、暑い日だった。

 ニョニャcさんはクレーンに萌えたと書いていたが、私は漁船かも。

ところどころが錆びた簡素な骨組み、効率良い空間に散らばった道具類を目で辿るのが楽しい。

 

 サイクリングが盛んなようで、海辺にはサイクリストのためのシャワーまで整備されている。島伝いに走るの、気持ち良いだろうな〜と思いつつレンタサイクルを見ると、1時間単位はなくて1日貸しのみ。残念。これは次回へ。今回は散歩とする。


町中でところどころで見かけた白い箱の後ろ姿。

 正体見たり。

f:id:pyopyopyon:20161027044850j:plain

これは年季が入っていそうだが、

街で見た箱は新しかったので「白ポスト」は現役と思われる。

ある意味すごい。

 

 

 

 

船の町にいるんだと思って嬉しかった看板。

f:id:pyopyopyon:20161027045155j:plain

5文字の並びも素敵だ。波の多い船の食事。

下の白い建物は給油設備がたった一つの小さなガススタンド(ハイオクならぬ廃屋)。







尾道は坂道にも平地にも毛細血管のように路地が巡っていて、その隅々に活力が行き渡っている感。

f:id:pyopyopyon:20161027045451j:plain

個人の家家の隙間が嘘みたいに細くて風情があるのだけど、

プライベートなので気が引けた。

 

 

 

 

上記路地奥の、骨董屋の軒先

f:id:pyopyopyon:20161027045403j:plain

子供の頃は瓢箪が好きだった。水筒として持ち歩いていたこともあった。

 

 



f:id:pyopyopyon:20161027045552j:plain

写真を撮ろうと振り返ると、日向ぼっこしてたお婆ちゃんが歩いていた。

 



午前中で町に別れを告げて広島に移動して宿に荷物を置き、
知人の紹介で市内に人を訪ね、夜は弟家族と会う。

 

6年ぶりの広島。これからもうちょっとマメに行きたい。


広島のゲストハウスの兎。

f:id:pyopyopyon:20161027045641j:plain

クライマックス戦を見に来てた団体客の興奮の気と音で、

ほぼ一睡も出来なかったが、
この子がいたので良しとする。



これはまずいとアイフォンで温泉を探し、翌日は早朝に宿を出て駅のコインロッカーにスーツケースを預け、高齢者に紛れて送迎バスを待ち、山間の温泉施設で朝湯。

すごい湯だった。浸かってたのは10分くらいだけど、不眠も疲れも消し飛んだ。
効用を期待するなら、設備が綺麗な温泉より高齢者に人気の温泉を選ぶべきなんだと、今ごろ気が付いた。

 

思えば、今回徳島でも温泉付きの宿に4連泊して毎日必ず浸かっていた。これが疲れ知らずに動き回れた理由かも知れない。

恐るべし温泉効果。


広島駅に戻って正午の空港バスに飛び乗り、東京へ戻る。

 

 

尾道前半はこちら:

 

354x5andwords.hatenablog.com