⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

01 16 2017 10年ぶりの、猪熊弦一郎現代美術館 @ 丸亀

香川県丸亀駅前にある猪熊弦一郎現代美術館は、大好きな美術館の一つだ。

谷口吉生氏が設計した、たっぷりの空間と光を湛えた建物も、猪熊弦一郎氏の作品たちも好きだし、企画展も良い。

私がここを最後に訪ねたのは、中川幸夫の写真、ガラス、書を展示した「いのちのかたち」展だったので、もう10年になる。それ以来だ。

この時には、彼の写真集「魔の山」が、まだ入手できたのだが、あまりの重さに購入しなかったことが、未だに悔やまれてならない。

 

行ったことのない相方を、徳島に来たついでに案内した。

 

徳島駅からは列車を2回乗り換えて、2時間半かからずに着く。

 

美術館は駅の真ん前だが、先に駅の逆側で昼食をとる。

味を浸ませて焼いた骨付き鶏が有名な店だが、私は鶏が苦手なので相方の鶏を目の前に撮ることができなかった。

f:id:pyopyopyon:20170204105053j:image

 10年前はまだ鶏が平気で、ここの骨付き鶏を美味しいと思ったものだ。

 

 

建物が素晴らしいと言っておきながら、美術館の写真がない。

スケールが伝わってこないけど、リンクを。

建築について|美術館について|MIMOCA 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

 

ちなみに坂出市には同じく谷口吉生氏設計の「東山魁夷せとうち美術館」があり、こちらも建物が素晴らしい。東山魁夷は好きではないが、建物だけでも楽しめる。今回は断念。

 

 

 

常設展示室のオブジェたちは、10年前と変わらずにそこにいた。

久しぶりだね。

会えて嬉しい。

 

 

f:id:pyopyopyon:20170204103350j:image

(猪熊さんの収集していたオブジェたち)

 

 

 

f:id:pyopyopyon:20170204103411j:image

(猪熊さんが作ったオブジェたち)

 

やっぱり、展示の仕方が上手いなぁ。

 

 

その時の常設展は「バランス」をテーマにした絵画作品展だった。(〜2/12まで)

 

冴えた色感と、永遠に回り続けるエネルギーを生み出すようなダイナミズムを持った、綿密なリズム感。

f:id:pyopyopyon:20170204103443j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170204103504j:image

 

f:id:pyopyopyon:20170204103520j:image

 

谷口さんの光。

f:id:pyopyopyon:20170204104437j:image

手摺と採光窓の絶妙な高さ。

f:id:pyopyopyon:20170204104529j:image

10年前の新鮮さは、まったく損なわれていなかった。

月曜日の昼過ぎということでほとんど貸し切り状態だったが、廊下も手摺も壁も階段も、どこにも経年変化が認められないのにも驚いた。(ちなみにニューヨークのモマはあっという間にボロボロである。)よっぽど来館者が少ないのだろうか?と、余計なことを考える。

 

3階での特別展は「私の履歴書」に沿った展示の後半で、猪熊弦一郎のニューヨーク時代に焦点を当てたもの。

文章の抜粋展示がいちいち面白かったので、書籍「私の履歴書 猪熊弦一郎」を購入した。(美術館のウェブショップから買えます)

猪熊さんの文章、好きだ。

 

併設カフェでお茶とケーキを食べて、徒歩15分足らずで丸亀城に移動。

城には興味が無いのだけれど、徳島の信頼する筋(?)に勧められて。

 

おお。おおお。

なんたるエッジ。

f:id:pyopyopyon:20170204105514j:image

 

 なんとも几帳面な。

f:id:pyopyopyon:20170204105608j:image

f:id:pyopyopyon:20170204105639j:image

 頂上まで登ると瀬戸内海を望む素晴らしい見晴らしだった。

 

前述の「信頼する筋」に、「丸亀に行くなら四谷シモ人形館も是非」と勧められていたが、2つ先の駅(坂出)でおまけに休館日だった。次回行ってみよう。

 

丸亀駅近くにある、赤線時代の余韻を残す建物。まだ、あったか。

f:id:pyopyopyon:20170204105839j:image

 

徳島駅から逆方面の電車に乗り継ぎ、2駅目の「二軒屋」駅構内にある「0番線の丸川」にて夕ご飯。たくさん頂いた。