⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

08. 03 2017. R.I.P

f:id:pyopyopyon:20170807103948j:plain

数日前、雁皮紙を割いた。

越前の、今は存在しない工房のものだ。

柔らかな光沢と滑らかな肌理を持つ生成色。

もう、手に入らないかも知れない。

この美しい紙を大量に無駄にしていることに、心がチクチクと痛む。

一枚たりとも無駄にしたくない。

なのに、無駄にする。

なんたることよ。

 

 

 

その夜中、近親者が亡くなったと連絡があった。

翌朝、相方が日本に発った。

 

大好きだった人で、知らせを聞いた時はショックだったが、

異国にいるためか、実感が湧かない。

来月帰国したら、現実の不在を感じるのだろう。

 

 

夜になるとその人のことがいろいろと思い返される。

不思議な感覚である。

僅かの手がかりからその人の人生を勝手に思い描き、

静けさの中でそれを感じている。

音は不要だ。

漬物石のように重い静けさが良い。

だから誰とも話す必要はない。

日に日に重さを増せば良い。

 

 

 

その人から、どれだけの力と温もりを貰ったか分からない。

私の制作物をいつも楽しみにしてくれていた。

真心と身の力を込めて、作り、同じ力で、生きよう。

目指すは、脱ポンコツ

上からひょいと覗き見てくれた時に、愉快で爽快で痛快な見世物となることを祈って。