⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

1年2ヶ月ぶりのニューメキシコ⑤:Deming - 予定が狂って南西部の生活展示にはまる。

ニューメキシコに来て4回目の朝を迎えた。

この日は広大な白砂漠、White Sands National Monument(ホワイトサンズ国定記念物)に行くことにしていた。

4年前にテキサス州マーファへの旅途中に訪れてすっかり魅了され、今回は1日過ごしても良いと思っていた。

 

ということでDemingをすぐに発つはずだったが、ナンシーが「Deming Luna County Mimbres Museumの古い土器のコレクションが大変珍しく素晴らしい」と教えてくれていたので、やっぱり覗くことにした。

ところがこの博物館が面白かった。土器だけさっと見て出るつもりが、面白すぎて結局2時間ほど滞在した。

この日アイフォンの電池をできるだけセーブしなくてはいけなかったので、ほとんど写真を撮っていない。

 

陶器コレクションは本当に良かった。

まず、幾何学模様の美しさに驚いた。

 

 

f:id:pyopyopyon:20180212085940j:plain

 

  

f:id:pyopyopyon:20180212090006j:plain

なんとも美しい。見飽きない。

 

作られたのは950〜1200年頃。当時この辺でこれらの土器を作った人々は学者によって「ミムブレス インディアン」と名付けられた。Mogollon Culture (モゴヨン文化)と名付けられたこの辺一帯の文化グループの最後のステージということだ。

 

 

幾何学模様の他、人や魚や動物モチーフも多い。

f:id:pyopyopyon:20180212090341j:plain

カエル。特に手が好き。

真ん中に穴が開けられている。

穴は故人の魂の通り道で、故人と共に埋葬されて頭部に置かれたものだそう。

 

 

この博物館はインディアンから始まり、近年までの地域の人々の生活史にとても力を入れていた。

f:id:pyopyopyon:20180212091308j:plain

幌馬車。20世紀はじめの実物。

 

f:id:pyopyopyon:20180212091444j:plain

違う博物館で何度か見たが、何度見ても見飽きない。

初めて見たとき、アメリカ人のキャンピングカーの原点はこれだったのだと気付いた。この写真だと分かりにくいが、実物は車輪も大きく頑丈で何もかもが堅牢にできている。道具一式と馬のことを思うと庶民の憧れだったんじゃないかな。

また、石鹸と水と寝台という最低限が用意された、街道沿いのカウボーイの為の宿なんて、まさに今のモーテルである。

 

あとこれにも驚いた。

f:id:pyopyopyon:20180212130113j:plain

 (画像はクリックで広がります。)

 

 このリアリティーに被り物の数々がなんだか目新しい。

f:id:pyopyopyon:20180212130158j:plain

 

ラベルの「ライオンストーンウィスキー」という会社は実はボトル屋。

中身の酒を別の醸造会社から購入して、こういうデキャンタを作って詰めて、販売していたそう。

中身はケンタッキーバーボン。

 

ジョーク系も多い。

f:id:pyopyopyon:20180212130734j:plain

このはしゃぎぶり。何ヶ月ぶりの風呂だろう。 

 

 

 

「どうかご勘弁を」

f:id:pyopyopyon:20180212131059j:plain

二人の身体の頑なさ。カウボーイの固く閉じた唇にブーツの模様。ディティールがほんと楽しい。

 

 

 

 

最後にはアクシデントもあり、結局出発したのは11時過ぎ。

 2時間走ってLas Cruses という町の郊外で、まず気になっていたこれを見る。

f:id:pyopyopyon:20180213011747j:plain

比較物がないので大きさが分かりにくいが、高さ6m長さ12mとかなり巨大。

 「リサイクルド ロードランナー」。

私はロードランナーという鳥が大好きなのである。

 

このように廃物でできている。

f:id:pyopyopyon:20180213011823j:plain

もとはゴミ埋立地の地面に直接立っていたそうだが、悪戯や破壊行為、また自然劣化もあって、修復したのち場所を移して台に載せられた。

 

これを見に行くとナンシーに言うと、昔はもっと大きな部品がたくさん引っ付いていたという。

 

1日分を1記事にしたいが、長くなったので次回へ続く。