⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

7度目のニューメキシコ補足写真⑦ (4/10 Acoma Pueblo “Sky City”)

4/10, Acoma Pueblo の通称「Sky City」写真補足。

 

 

Acomaのホテルから5分とたたないうちに荒野となる。牛馬いっぱい。NMは広くて幸せだろうといつも思う。

 

f:id:pyopyopyon:20180415230120j:plain

 

平原のあちらこちらに巨岩がニョキニョキと隆起。

f:id:pyopyopyon:20180415230042j:plain

「Sky City Cultural Center and Haak'u Museum」に着きスカイシティへのツアー参加手続き。

 

マイクロバスに乗り込み出発、5〜10分足らず岩山を登って到着。

眼下にはどこまでも広大な荒野が広がる。

f:id:pyopyopyon:20180416001046j:plain

 アコマの人々はこの地をHaak‘u「用意された土地」と呼び大切にしている。

高さ凡そ110メートルの岩の上に村は11世紀半ばに作られた。

 

f:id:pyopyopyon:20180416001106j:plain

かつては、岩を削って作られた険しい岩道1箇所からしか入ることはできなかった。土地を選んだ推測は「アパッチ等遊動部族からの防御のため」

 

 

f:id:pyopyopyon:20180416001417j:plain

 

 

白い梯子は儀式用。

f:id:pyopyopyon:20180416001457j:plain

 

その他の梯子は上階アクセス用。

f:id:pyopyopyon:20180416001520j:plain

 

前に載せたがアパート。

f:id:pyopyopyon:20180411133333j:plain

もちろん、かつては2階アクセスは梯子のみ。なんせ防御目的である。窓も無かったようだ。

 

やっぱりこの扉が好きだ。

f:id:pyopyopyon:20180416001727j:plain

 

扉。建物後ろは絶景。

f:id:pyopyopyon:20180416001938j:plain

 

 

f:id:pyopyopyon:20180416002014j:plain

 

おそらく改装中の建物たちも美しい。

f:id:pyopyopyon:20180416001954j:plain

 

 

f:id:pyopyopyon:20180416001955j:plain

 

 

f:id:pyopyopyon:20180416001920j:plain

 

16世紀にスペイン人による虐殺があり苦難の時代が続いた。

今アコマプエブロの人たちは5000人ほど。

 

この村の常住者は数字を忘れたが30人ほど(? )と少ないが近隣村に暮らす家族との行き来もあり、セレモニーシーズンだけ戻って暮らす人々もいるそう。苦渋の過去や人口激減の寂れた感じは一切なく活力さえ感じた。

景色と青空のマジックかもしれないが。