⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

7度目のニューメキシコ補足写真⑧(4/11 Sharky’s)

旅の最終日の昼食。

 

 

Sharky’s 、前回は2014年の秋なので3年半ぶり。

 

変わらぬ外観。

f:id:pyopyopyon:20180417073353j:plain

食べるのは屋外。

f:id:pyopyopyon:20180417073432j:plain

 

f:id:pyopyopyon:20180412133537j:plain

左奥は相方が頼んだフィッシュ、ビーフのタコス。右奥はChile Caribe

手前は私が頼んだ蟹トスターダと海老タコス

 

ここの料理はすべて辛さとともにフレーバーや甘さや旨みやのどれもが支配せずに見え隠れする。バランスが絶妙なのだ。
 

f:id:pyopyopyon:20180417072242j:plain

Micheladas(海老の茹で汁とライム汁とサルサのドリンク、本来はビールが入るがこれはノンアルコール)、ライムが効いていて暑い日に最高。病みつきになりそう。Crab Tostadas(手前、揚げトルティーヤに蟹肉と野菜載せ)前回食べてのお気に入り。

 

f:id:pyopyopyon:20180417073809j:plain

Chile Caribe(店オリジナルバージョンでペッパーにチーズと海老が入り、ベーコンで巻いて揚げたもの。これもずっと食べたかった。

 

 

あとから海老のトスターダをサービスしてくれたがライムがキリッと効いて美味しかった。

 

前回とチリの種類が変わっていた。甘くて風味が高い。聞くとイエローハットという種類。セルフサービスコーナーには素揚げの醤油漬けがあり、二つ取ると一つは辛かった。

 

 

 

f:id:pyopyopyon:20180417074448j:plain

トスターダにかかっていたソースを尋ねると、持って帰れと頂いた。

メキシコではポピュラーなシーフードの定番ソース、

材料は大豆、塩、チリペッパーだが、醤油よりソースを思わせる味である。

手前がイエローハット。これも頂いた。家で生のままとグリルで、味そのものを試食する。どの個体も辛かった。チリの辛い個体の見分け方はあるのだろうか。