⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

第一回・裏打ち覚書き

雁皮紙はよく暴れる紙である。

これからの必要を感じて、昨年9月の帰国時に、東京の表装屋で単発の裏打ちワークショップを取った。

他の参加者は明らかに継続者で高度な作業をしており、講師一人が座敷を走り回って面倒を見ている。

iPhoneに動画の容量が無かったので、見せてくれた手さばきをとにかく必死に書き留めて帰ってきた。

・・・そしてそのまま9ヶ月が経ってしまった。

恐る恐る、寄せ集めの道具でやってみたらなんとかなったので、忘れないうちに覚書きをしておく。

 

使った用具(これに、定規と絵の具筆)

f:id:pyopyopyon:20180701104303j:plain

材料:

・生麩のり

・水

・薄紙(作品保護用)

・裏打ち用紙

・作品

 

道具:(◎はOK、◯は再考)

・糊を煮る鍋 →(耐熱容器でレンジ加熱)◎

・糊を伸ばすトレー  → (サラダの空パックを代用)◎

・糊刷毛  →(ペンキブラシ代用)◎

・打ち刷毛(棕櫚等固めの毛)  →(固めの塗装ブラシ代用)◎

・撫で刷毛 →無し

・霧吹き(専用は目は細かい) →(廉価品。水垂れが激しいので考える)◯

・表面が平らな台  →(プラスチックのプレースマットで代用)◎

・長い木べら  →(長い定規で代用)◎

・乾燥用のベニア板 →(壁付け棚用の棚板)◎

 

エキストラ

・プラスチックナイフ

・絵の具筆

 

おおまかな手順:

記事に書き起こそうと思ったが写真にする。足りない部分だけを補足する。(ちなみにこれは現場のメモを今回書き直したもの。

右ページ上は表記ミス:撫で刷毛でなく打ち刷毛

f:id:pyopyopyon:20180701110553j:plain

①生麩糊の用意(粉状を水に溶いて加熱)

本来鍋で煮るが、それには分量があまりに少ない(糊3g)ので、4倍の水と共に耐熱容器に入れ、レンジで15秒加熱、混ぜて様子をみてさらに10秒、でうまくいった。

 

②それを水で伸していく。

(本来(ワークショップ)はこのように木ベラ。)

f:id:pyopyopyon:20180701111452j:plain

私は刷毛を直接、プラスチックフォークでしごきつつやった。

 

・裏打ち用紙にあたりを付ける

f:id:pyopyopyon:20180701111649j:plain

本来裏打ち紙は作品サイズに切り落とす。

だが私は今後、切り落とさずに作品の一部とする目論見なので、あらかじめ希望サイズに調えた紙を用意し、作品の大きさに糊を塗るために鉛筆で記しを付けた。

裏打ち用紙の右にセロテープ留めが見えるが、これは紙をひっくり返す時になるべく折らないため。本来は以下のように糊で台に固定して、これを折る。

(本来:ワークショップ)

f:id:pyopyopyon:20180701112253j:plain

 

 

 

裏打紙をめくる。

(濡らす前の作品の引きつれ。これをピシッとさせたい)

f:id:pyopyopyon:20180701113917j:plain

作品に霧吹きし、皺が伸びるのを待ちつつ、めくった裏打ち紙の、印の内側に刷毛で糊を塗る

 

(ワークショップ:裏打ち用紙をめくって折って、プラ板上で全体に糊を塗る)

f:id:pyopyopyon:20180701112905j:plain

 

(ワークショップ:木べらを糊のついた裏打ち用紙の端に当てて折り、ひっつけ、持ち上げる。これは講師の御手。)

f:id:pyopyopyon:20180701113522j:plain

私は定規で代用した。

 

ここからいくつかの手順の記載を飛ばすが(上記ノートには記載)、

最後、乾燥のために板に貼る(仮貼り)。

f:id:pyopyopyon:20180701114506j:plain

本来ベニア板が使われるが、IKEAで買った壁付け棚用の棚板(普段は作業台としている)とガラス板を代用した。どちらも大丈夫だった。

ただ、紙の厚さや種類で剥がれやすさが違った。

 

今回裏打ち用紙に使ったのは2種類

・厚手雁皮紙(60g)

・「UDABAN」という名の楮紙(昔こちらで買った。多分障子紙)

 

数時間で乾く。

だが一晩おくのが良い。

 

結果。

仮貼り板への貼り方があまかったため、2点、乾燥途中で剥がれてベコベコになり、翌日やり直し。(以下)

作品と裏打ち紙のつきかたは良かったので、ただ軽く全体に霧を吹いて皺を伸ばし、仮貼り用の糊を付け直し、今度はしっかり板に貼り付けた。

f:id:pyopyopyon:20180701115822j:plain

 

 

 

結果:

ピンと伸びて、しっかりと張り付いたまま乾き、無理なく台から外すことができた。

仮貼り用の糊は、裏打ち用糊の3倍の濃さを用意するが、今回のはもっと薄かったかも。

 

 

長くなったので仕上がりは次回に。