⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

2018ー9月:メイン州の港町と内陸部に人を訪ねて❶

バケーションシーズンが終わった週始め、相方とメイン州に人を訪ねた。

ポートランドまで早朝のフライトで飛び、レンタカーでまずフリーポートという町に立ち寄った。小さな町だが米国のアウトドアブランドLLBean発祥の地で、本店並びにアウトレット、そしてその他のアウトドアブランドを中心とした店が立ち並んでいる。以前、この町のレストランで食した丸茹でロブスターの美味さにノックアウトされたのでそれを食べたかった。

 

水槽に入れられることもなく、海から茹で釜へ、そして皿の上へ。力一杯に殻を割ると湯気とともに新鮮な海の水の匂い。腹ペコでだいぶん待ち、運ばれるや否や作業に取り掛かり写真を撮りそびれた。

 

その後アウトドア店の大セールをハシゴしてたまたまフィットした長袖シャツを1枚購入し、相方の友人が借りているサマーハウスに向かった。

 

 

Rocklandというエリア。海に面して、ポツンポツンとサマーハウスと常住の家が点在し、風がすずしい。

 

f:id:pyopyopyon:20180911000222j:plain

 ダウンタウンで食事をし、夜はUSオープンテニスを見つつ順に寝床に引き上げた。

 

翌朝は皆で灯台のあるステートパークへ。

f:id:pyopyopyon:20180911000307j:plain

森の中を通ってアクセスした小さなビーチはちょうど引き潮で海藻の中を歩くことができた。

f:id:pyopyopyon:20180911000406j:plain

f:id:pyopyopyon:20180911000417j:plain

f:id:pyopyopyon:20180911000445j:plain

延々と続く海藻は太く、ふっくらとしていて、美味しそうだった。

 

昼前に一旦家に戻り別行動へ。私と相方は美術館を見るためにダウンタウンへ。

空腹で到着し、まずは腹ごしらえ。パラソルの屋外席だけのカジュアルなカフェに。

f:id:pyopyopyon:20180911000554j:plain

 

この店が大ヒットだった。

それぞれロブスターロールを頼み、追加で季節のサラダをシェア。

ロブスターの身もたっぷりで新鮮。

それを和えてあるソース、挟んであるバター付きパン、添えられたインゲン豆のピクルス、そしてコールスロー、全てのディテールに神経が払われていて驚いた。コールスローは海藻の細切れとねぎが入り、生姜と胡麻油がアクセントになっていた。

 

旬のサラダはその名の通りに新鮮で野菜が甘い。リーフミックスにトマト、細い胡瓜、ラディッシュ、数種のベルペッパー、細切り人参。そして数種類のクルトンはたぶん、コーンブレッド、雑穀パン、ライ麦パンで作った自家製。ドレッシングは少し酸っぱい香菜味。

 

f:id:pyopyopyon:20180911000613j:plain

感動のうちに店を去る。

 

 

 

何も予備知識なく来たが、本当に小さな町なのに、しっかりした美術館が二つもあった。一つはワイエスファミリー(アンドリューワイエスが有名だがその父と彼の息子も画家だった)や地元のアーティストにフォーカスしつつ企画展をこなすFarnsworth Art Museum、もう一つは2年前に新しい建物が完成したばかりのコンテンポラリーアートミュージアムCenter For Maine Contemporary Art。

 

Farnsworth Art Museum 中央のドームに巡らされたワイヤーワーク。

f:id:pyopyopyon:20180911000753j:plain

 

模様が目を引いた古時計。

f:id:pyopyopyon:20180911001910j:plain

1810年作とある。ある職人が考案した、スモークペインティングと呼ばれる技法でペンキが乾かないうちに蝋燭の煙で模様付けするそう。

 

 

“Infinity” painted by Bill Barnet 1975-1976

f:id:pyopyopyon:20180911001920j:plain

出航した男たちの帰りを待つ女性たち。展示室の照明で色目が違ってみえるが、実際は深い紺色と青に支配された画面。

 

 

“Maine Coon Cat” painted by James Browning Wyeth, 1998

f:id:pyopyopyon:20180911001937j:plain

作者のJames Browning Wyethはワイエスの息子。

メインクーンキャットを調べるととにかく巨大な猫なんである。実物を見てみたい。

 

 

Center For Maine Contemporary Art。

見るからに新しいエントランス周辺がガラス張の建物は2年前に完成したそうで、なんとToshiko Moriという日本人の女性建築家によるものだった。

この人のことを知らなかったが主に東海岸でたいへんな活躍をしている。

 

入り口から始まっていたのはJohn Bisbee の‘American Steel’という展覧会。

メイン州のアーティストで、釘を曲げて打って溶接しての、作品は1からすべて手作り。

f:id:pyopyopyon:20180911002044j:plain

 

f:id:pyopyopyon:20180911002117j:plain

f:id:pyopyopyon:20180911002100j:plain

f:id:pyopyopyon:20180911012946j:plain

 

あと2つの企画展を同時開催していた。長くなるのであとは省略。

今ウェブサイトを見ると、ミュージアムの前身は地元のアーティスト達の小さな団体で、はじめは市庁舎や農作業小屋で作品を展示していたというのも面白い。

 

 ぶらぶら歩き。

お菓子屋のショーウィンドウ。

f:id:pyopyopyon:20180911002141j:plain

 

帆立の看板。何屋か見そびれた。

f:id:pyopyopyon:20180911002202j:plain

 

庶民的カフェで休憩。

f:id:pyopyopyon:20180911002223j:plain

 たいへん興味深い町だった。

 

 

いったん家に戻って、夜は皆で海の見えるシーフードレストランで食事をした。

またロブスターロール。ニューイングランドの中でメイン州のロブスターはダントツに身が締まって美味い気がする。そして載ってくる量も多い。

f:id:pyopyopyon:20180911002231j:plain