⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

8度目のニューメキシコ③:1月16日、 Bernalillo - T or C

滞在3日目。

朝9時前、前回見つけたCoronado Historic Siteを再訪。

太陽を撮るつもりが、空には分厚い雲がかかっている。景色が美しいので歩くだけでも、と散歩。

1時間ほどすると切れ間から太陽が顔を覗かせ始めた。

f:id:pyopyopyon:20190125081719j:plain

↑ピン太でも撮った。

 

f:id:pyopyopyon:20180417080150j:plain

↑今回電池セーブで写真を撮れなかったので、これは去年4月の風景。

 

 

 

ランチ:Abuelitas @ Bernalillo 

小さな、地元の食堂でいろんな人で賑わっているニューメキシコ料理の食堂。大ヒット!再訪したい。

ナバホタコス(巨大な揚げたタコス)やメヌード(内臓煮込みシチュー)がある。ナバホ系の料理を出すようだ。

 

f:id:pyopyopyon:20190123131321j:plain

グリーンチリシチューを頼むと、クリアなブロスだがしっかりと辛く、定番的なじゃがいもとグリーンチリの他に、インゲン豆やズッキーニ、コーンなどの野菜が入っている。スープも具材もとても美味い。ナバホ地区で食べたグリーンシチューに似ている。

同じ名の料理でも、店やエリアによってバリエーションがあり興味深い。ちなみに私はシチュー系(ポソレ、グリーンチリシチュー、チリコンカルネ)、相方はチリレレーノス(玉蜀黍粉でチーズを仕込んだグリーンチリを包んで揚げたもの)の入ったプレートを頼むことが多い。

相方のプレートの料理も美味しかった。

 

最初に出されたソパティーヤも美味。蜂蜜をつけて熱いところをいただく。これも出す店と出さない店がある。

f:id:pyopyopyon:20190123131733j:plain

 

午後:

Truth or Consequence へ、3時間弱の南下。

ちょうど1年ぶり。前回泊まった宿にふたたび。

f:id:pyopyopyon:20190123132625j:plain

 

温泉で有名な街である。宿の人におススメを聞いて向かったのは、街で一番古い湯治宿、La Paroma Hot Spring & Spa。

源泉掛け流し、30分制の完全個室で日帰り入浴は一人$7。

部屋ごとに湯温が違う。

 この日はNo.2に。

f:id:pyopyopyon:20190123132637j:plain

手前に寝椅子が二つ、奥に湯殿が深く掘られている。

写真だと汚く見えるが、古いだけで、とても清潔。

木の階段を降りて、底に立つと、胸までの深さがある。湯温はゆっくり浸かるに良い感じ。地面は小石が敷き詰められていて気持ちが良い。

f:id:pyopyopyon:20190123133326j:plain

 

壁の絵も部屋ごとに違う。

f:id:pyopyopyon:20190123133537j:plain

 

個室を出ての休憩エリアの旗は、なぜか妊娠した女性の絵。月の満ち欠け。子宝祈願だろうか。安産祈願だろうか。お湯にそういう効用もあるのかも知れない。

f:id:pyopyopyon:20190123133559j:plain

 湯がとてもよくて、あっという間の30分だった。

 

 

以下はT or C の街の様子と、別の露天風呂の過去記事。 

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com