⇔ Diá ⇔

iPhone写真、アナログ写真、随想、詩作、 覚書き など。

8度目のニューメキシコ④:1月17日 T or C からSan Lorenzo

1月17日、滞在4日目。晴れ。

宿をチェックアウトして、私は前日に見つけてあった小さな川沿いの公園へ。相方はLa Paloma 温泉へ。

釣り人が多数。未舗装路を川の反対側に渡ると丘があり、その麓に沿うようにトレイルが延びている。時間があれば歩きたいところだが、被写体を探して2枚撮ったらもう時間がなくなった。

 

11時過ぎに昼を済ます為に、唯一開いていたベーカリーカフェに入る。

壁には絵が、天井から廃物を使ったプロペラ機オブジェがいくつも吊り下がっていて、それぞれに値段が付いている。

それぞれのテーブルの天板は手描き。

f:id:pyopyopyon:20190125053326j:plain

気に入ったこの席に座った。

 

f:id:pyopyopyon:20190125053605j:plain

店内からの写真で字が反転しているが、店名はPassion Pie Cafe

f:id:pyopyopyon:20190125053627j:plain

頼んだものが食べたりなかったので、ショーケースの焼き菓子から小さなものを選んだ。

デーツ、ピーカンナッツ、ライスパッドの揚げ団子。

ほう、美味しい。何かもっと試したかったが、あとはどれも巨大なので断念。

 

そこから2時間、去年も訪ねたピンホール写真アーティスト、ナンシー&エリックの創造屋敷に向かう旅。

今回は、初回同様くねくね山道であるGia National Forestを通って行く。

 

 

ぐねぐね山道をどんどん登る。

f:id:pyopyopyon:20190125054032j:plain

道路標識もなくGPSも使えず、初めての時はとても心細かったものだが、晴れていて慣れれば気持ち良いものだ。

途中にいくつかのゴーストタウンと小さな村がある。

初めての時は、1900年初めで時が止まったかのような小さな村に立ち寄り、昼を食べた。

 

354x5andwords.hatenablog.com

 

 

1時半に無事目的地に到着。

ナンシー&エリックも変わりなく、とても喜んでくれた。

彼らのエミュも元気に走り回っている。

f:id:pyopyopyon:20190125054509j:plain

 

今回も、寝るまで、ただひたすらいろんなことを話した。

そしてあっという間に夕食の時間になった。

二人とも料理がとても上手い。カウンターに並んでいる様がとても絵になる。

用意してくれたのは、エリックが焼いた雑穀パン、ココナツシュリンプライススープとバルサミコ酢でカラメライズした焼き人参(ナンシー作)、そして二人合作のサラダ。

エリックが小さなナイフで手際よくアボカドと洋梨を剥いて切って、サラダボウルに放り込んでいく。多種のレタスと乾燥クランベリー、南瓜の種入り、ドレッシングが美味しい。

二人の料理はどれも本当に美味しく、ついつい食べ過ぎてしまう。

スープもサラダもパンもお代わりをして、もうお腹はいっぱいだったが、ローズマリーをたっぷりと効かせたアーモンド粉のケーキを出してくれて、これもあまりに美味しくて、しっかりいただいた。

 

 

 前回このブログにもたくさん写真を載せさせてもらったが、エリックが自力で建てた家と内装がすごいのだ。

1年経ち、創作物が増えて、配置が微妙に変わっていた。

今回は写真を撮る時間がなかったが、リビングで話していた時に撮った座っていた席の後ろの照明の一角だけ。

f:id:pyopyopyon:20190125060348j:plain

鉄の模様と布の模様と光の織りなすめくるめく世界、そしてどっしりと凝った作りの机。

f:id:pyopyopyon:20190125060133j:plain

 

家の様子については、去年の記事に写真を掲載させてもらったので、ご興味あればぜひ。↓

 10時半に皆よれよれになり、お開きとなったが、頭が興奮して一睡もできなかった。


354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com

354x5andwords.hatenablog.com